【僕日記】ついに「ボニル」が消えた。

どうも!です。

 

週末、ちらり古巣の前を通過。

 

f:id:borshch:20160322105819j:plain

 

約7年間、お世話になりました「bonill」が本当に消えてしまった。

以前から《僕日記》を読まれている方はご存知かもですが、、、

昼間はPRルーム、夜は雑貨を眺めながら仕事帰りに一息つけるカフェバー、

週末はショップ。

よく働きました。

よく遊びました。

たくさんの友達ができました。

もちろん、恋だって、

いつもひとりが好きだったけど、

仲間で食卓を囲む、

そんなことも大切と思えるようになりました。

ありがとう、

 

新天地ではいま、PRの本業と展示会に追われながら「生きる」というバランス。

このバランスを保ちつつ、ファッションという主軸にアートや食をリアルに伝達できる空間を作り上げることが、まず1年目やること。

 

2年目は、人を雇えるような人望を築くこと。

 

f:id:borshch:20160322105946j:plain

 

この度、古巣の「bonill」がまっさらになり、

お引越してから、はじめて心の底から切なさを実感。

 

立ち止まったら、すごく悲しくなりそう。

 

だから、新しいことに一生懸命、立ち向かうの。

 

ボニル、ありがとさん。

 

 

ほな。