読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【僕日記】夜鎌倉を散歩。

どうも!です。

 

久々にふらり、鎌倉へな話。

年に数回、1人ぷらりと鎌倉を訪れます。

僕にとって、何だか、パワーを頂ける聖地なのです。

だから、良いことがあったり、悩んだり、疲れたりすると、ふとっ、向かってしまう。

この日も鎌倉についたのは、17時前くらいでしたが、

数年ぶりにハイキングコースを歩いてみました。たぶん、4、5年ぶりに。

はじめてのぞんだ時は、ハイキングコースということで、手ぶらで軽い気持でいったら、ハイキングって言う感じではなく、ほぼ整備されてない山道を行く感じ。

夏場で、喉もカラカラで死ぬかと思った記憶しかない。

人影もなく、自然の音だけ。

たまりません。

まず、たからの庭を素通りからはじまる僕散歩。

f:id:borshch:20150519101231j:plain

 

突き進むと、鎌倉とは思えない世界が、、、

f:id:borshch:20150519101343j:plain

 

そう、キケン注意のテープが切れるくらいデンジャラスなハイキングコースなのだ。

f:id:borshch:20150519101504j:plain

 

ときより、こんな絶景もみれることもある。

f:id:borshch:20150519101619j:plain

 

六月が紫陽花のイベントがある鎌倉で、まさかの紅葉がみれるとは知りませんでした。

f:id:borshch:20150519101712j:plain

 

1時間以上、てくてく歩いて歩いたので、ご褒美に『定食屋しゃもじ』へ。

ここは、魚に拘ったメニューが多く、とりあえず地魚刺身定食を注文。

f:id:borshch:20150519101835j:plain

 

刺身とビールを満喫していたら、うっかり夕日を見逃してしまったので、、、

鎌倉駅にもどり、裏鎌倉?とも言われる付近にふらり。

OZ マガジンで紹介されていた『ヒグラシ文庫』に突入!!

f:id:borshch:20150519102057j:plain

 

まさに、ディープな世界という言葉が、そのままな店内。

さすがの僕も一度、通り過ぎ、勇気をもって深呼吸してから突入!!笑

久々のアウェー感に変な興奮を思い出しつつ、淡々と呑むこと1時間、

隣のオジさんに話しかけられ、僕時間がスタート。

なんでも店内にある文庫が、飾りではなく、ガチで購入できるらしい。

特にカウンター奥の文庫は貴重なやつが多いとのこと。

そして、オーナーも数名がローテーションしているらしく、日々のメニューも変わるから飽きないとのこと。

2時間後、カウンターにて、鎌倉の大仏で働くクールなヒロシさん(40代後半)、逗子に住む山田ゆうさん(40代中盤)、最近、鎌倉内で引っ越ししたメガネのオジさま達と、雑談を楽しませて頂き本当に感謝な夜。

 

 そんな一日を動画にてポーンとアップ!!(30秒で簡潔!!)

www.youtube.com

 

はじめて入った夜鎌倉の世界。

皆さん気さくで楽しくて、うっかり終電ぎりぎりまで、3時間くらい立呑んだな。。。

 

次回、鎌倉ナイトは焼き鳥と沖縄料理を狙ってますよ!

OZ マガジンさんも、ありがとう!

 

ほな。