読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【僕日記】さよなら立呑屋。

どうも!僕です。

 

先週末で惜しまれつつ閉店した恵比寿『立呑屋』にご挨拶。

はじめて伺ったのは、10年以上前になりますが、当時、フリーエディターみさわっちょパイセンに連れて行ってもらったのが初『立呑屋』。

それから、当時の事務所が原宿だったこともあり、中目黒の自宅に帰る途中に軽く呑んだものです。

さらには、2階を貸し切って毎年40人越えな僕誕生日会を開催していたので、知る人も多い名店でした。笑

いつの日か、店長の慎ちゃんからは、結婚式まで呼んでくれるくらいの仲になり、

結婚式では、スタイリスト三田氏にばったり。。。同級生だったようで、より親交が深まるというミラクルもありました。

坂もっちゃん、ムラやん、やっさん、中心にスタッフの方々も芸人さんやら何やらで、いつも楽しく過ごさせてくれるのが好きでした。

なにより、いつも独り呑みが好きだったので、意味不明なオジさまや美人姉さんとも乾杯を重ねて成長し、今の僕があるのも『立呑屋』のおかげなんです。

そう、学生時代にクラブや呑み屋で、はしゃぐという若者とは関わりもなく、真面目に実家でご飯を食していた僕からすると、本当に大人時代の青春を過ごした『立呑屋』なのです。

 

f:id:borshch:20150427141601j:plain

 

また、ひとつ僕の居場所が消えてしまい、呑み屋難民になってしまいそうなGWが怖い。

眼鏡箸置きは、意外と酔って眼鏡を忘れないのでオススメです。

 

f:id:borshch:20150427141633j:plain

 

店内が激盛にて、あまり滞在できませんでしたが、最後に慎ちゃんの焼き鳥が食べることができて幸せです。

 

f:id:borshch:20150427141652j:plain

 

『立呑屋』の皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

ほな。