【ぼくモノコト手帖】名古屋からの使者、「まあまあ、似てない似顔絵」やってるよ!

どうも!僕です。
 
本日からライトアップが始まった目黒川沿いのA°CTS(アクツ)にて、
ビンセントベガポップアップストアの開催に伴い、
我らがチービーも名古屋からポップアップに参戦です。
 
そう、得意の
 
「まあまあ、似てない似顔絵」
 
chi-beeさん、その場で似顔絵を描きます。
 

f:id:borshch:20171215184647j:plain

 
今回、ビンセントベガさんと初のコラボTeeのイラストTEEも少量ですが販売とのこと。
これは、チービーのファンは見逃せないですね!
 

f:id:borshch:20171215184728j:plain

 

「まあまあ、似てない似顔絵」 
 
12月15日 金曜日
〜21:00
 
12月16日 土曜日
15:00-20:00
 

f:id:borshch:20171215184820j:plain

 

f:id:borshch:20171215184921j:plain

 
*似顔絵はハガキサイズでお一人様、¥1,000です。 
もし、お二人で描かれる場合は一枚でも¥2,000になります。
 
 

f:id:borshch:20171215185032j:plain

〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-21-11クレール青葉台101
03-5457-5066
 
 
ほな。

 

【ぼくモノコト手帖】疲れやすいあなたに、「異次元な履き心地」お届けします。

どうも!僕です。
 
来春(2月)から本格上陸するアメリカのリカバリーフットウェア専門メーカーが提案する「ウーフォス」のHPが仮オープン!!
コンテンツは、発売に向けて徐々に追加されるようですが、
このサンダルの異次元な履き心地は、アスリートに限らず、足裏への衝撃を吸収し疲労をリカバリーするためのスペシャルな一足ですので、ぜひ、要チェック(CHECK IT OUT)。
それもそのはず、ナイキやリーボック、グローバルなメーカーで活躍した世界で最も熟練した靴デザイナーの一人として認められている《 Paul 》とシューズ産業への著しい進歩のために貢献した事が世界的に認められている《 Lou 》を中心にスポーツ選手やトレーナーなど、
熟練のシューズ開発者が集まり、2011年マサチューセッツ州にて、世界初のリカバリーシューズブランド「OOFOS・ウーフォス」が誕生したのですから、
ほっとけない。
 

f:id:borshch:20171211164243j:plain

 
そんなブランドは、ランニング分野では「先進国」といえる米国で足裏への衝撃を吸収し、競技後のリカバリーに特化したフットウェアがすでに話題になっており、
独自開発した特殊なクッション素材【oofoam・ウーフォーム】が人間本来のナチュラルな動きを促し、疲れた足の回復を助けてくれます。
一般的なEVA素材のミッドソールに比べ、衝撃の反発を37%抑えることを実現した新素材を全てに使用してます。
言いかえると、一歩踏み出すたびに3分の1の疲労を軽減してくれる、そんな理屈抜きの異次元の履き心地は” ふわふわ ”です。
今まで体感したことのない理由として、特許取得したソールの独創的な形状が人間工学に基づき設計されたことで膝、腰、背中にかかる負担を軽減し、
足を優しく包み込むように靴底のアーチが土踏まずをしっかりサポートします。
 

f:id:borshch:20171211164523p:plain

アメリカでは、2012年からリカバリーサンダルへの理解が年々深まり、2017年にはランショップを中心に1700店舗にまで展開を広げております。
実は日本でも、一部店舗で限定的に展開され、知る人ぞ知るフットウェアとして話題になりましたが、2018年2月よりいよいよ本格上陸します。
 

f:id:borshch:20171211164552p:plain

 
‘TRAIL RUN2017-2018秋冬号’にて、
モニターの募集も行なっておりますので是非チェックして下さい!
https://www.mtsn.jp/secure/oofos_201711.php
 
 
 
ほな。

【ぼくモノコト手帖】空、眺めながらピザを食べれる幸せ、原宿に「SOLA PIZZA」(12/18)できるってよ。

どうも!僕です。

 

以前は、バイヤーとしてお世話になっていたこともある、

可愛いオシャレが気軽に楽しめる「キャセリーニ」さんが、、、

新業態「SOLA PIZZA」を12月18日(月)にオープンするらしいとのことで、レセプションパーティーにちらり。
SOLA PIZZA」は、オシャレな外観のトラックによるピザ屋、

本場ナポリピザの食材にこだわり、小麦粉、トマトソース、チーズはすべてイタリアから輸入というだけに旨い!

 

f:id:borshch:20171208152049j:plain


それもそのはず、オーダーメイドで製作したドーム型の石釜を搭載するトラックの中で、

窯の温度は500度にも達し、ピザ1枚をおよそ90秒で一気に焼き上げちゃうんです。

 

f:id:borshch:20171208152138j:plain

 

f:id:borshch:20171208152216j:plain

 

f:id:borshch:20171208152253j:plain

 

外観は、本当に可愛い。

表彰台みたいになった台とか、細部まで抜かりない感じは、さすがです。

通常時は、ランチタイムのみだけみたいですが、お仕事の合間や買い物の途中に

ほっと、一息、オススメです。

 

f:id:borshch:20171208152333j:plain


SOLA PIZZA 

150-0001 東京都渋谷区神宮前2-19-5

070-4510-0992

open 11:00-15:00

closed SAT &SUNDAY

http://www.sola-pizza.com

 

 

ほな。

【ぼくモノコト手帖】日本伝統工法により、白飯が美味しくなる曲げわっぱ。

どうも!僕です。
 

ここ数年、料理をするようになり、様々な食材と戦ってきました。

そして、この度ついにコチラを入手。

 

f:id:borshch:20171127183103j:plain

 

実は、野外選曲家の河合桂馬氏のFBにてお見かけしたのをきっかけに本気で吟味した結果、

同じものを。笑

正直、弁当なんて本気で作ったことないし、41歳独身(バツなし)が本気で作ったらね、ほら、いろいろ終わりかと敬遠してきましたが、つい。うっかり。
いろいろ吟味すると、何が良いか?悪いか?わからなくなり兼ねないので雰囲気を重視しましたが、
こちらの二段型の曲げわっぱは、食事後は一段に収納もできて利便性もしっかり考えられていて秀悦なデザイン。
そうなのです、製作者は、日本の伝統工法を貫き、職人による手作業で仏壇、祭礼用具を作る専門店を代々受け継いできた神仏の鷲森さんが完全受注生産で丁寧に仕上げている逸品ばかり。
さらに気に入ったのは、キュートなレザーとコンビになったゴムバンドと職人さんが手染めした雰囲気のある袋がつくのも嬉しい。ナチュラルでありながら可愛い!!
ちなみに素材はヒノキ、塗装は、食品衛生法基準の伝統技法の蜜蝋仕上げとのこと。
 

f:id:borshch:20171127183205j:plain

f:id:borshch:20171127183251j:plain

 
この貴重で秀悦な曲げわっぱ詳しくはコチラへ
 
 
 
近々、お弁当の写真アップしますね。
 
 
ほな。

 

【ぼくモノコト手帖】いい肉の日(11/29)に恵比寿に立呑み焼き牛バルできるってよ。

どうも!僕です。
 
“いい肉の日” (11/29)に恵比寿に新しくオープンする【BUCTHER YAMAMOTO & DAUGHTERS(ブッチャーヤマモト&ドーターズ)】にふらり。
 

f:id:borshch:20171123175153j:plain

 
フレンチ料理で腕を磨いたシェフが提案するだけに様々なソースを牛串焼きに合わせて選べるのも嬉しい。
 

f:id:borshch:20171123175244j:plain

 

f:id:borshch:20171123175346j:plain

 
シメにホルモンカレーがあったり、テンションは上がりっぱなしになってしまう、そんなおしゃれ空間での立呑みスタイルは、デートにもオススメかも!
狙っているあの子を連れて、安心のカウンターでクリスマス前、ビシッと決めてやってくださいね!笑
 
ちなみに僕は、スタイリストN岡お嬢様とPRゆりえもんのお供。
 
そのあとの珍道中は、また。。。
 

f:id:borshch:20171123175523j:plain

 

f:id:borshch:20171123175448j:plain

 

f:id:borshch:20171123175955j:plain

 
で、なんで、こんなオシャレかと疑問に思ったら、
 
フイナムでおなじみのライノプロデュースによる飲食店とのこと。。。なるほど!
 
ごちそうさまでした。
 
【 BUCTHER YAMAMOTO & DAUGHTERS 】
渋谷区恵比寿西1-13-5 1F (駅から出口によっては2分)
T:03-6809-0366 

f:id:borshch:20171123175856j:plain

 
ほな。

【ぼくモノコト手帖】 is-ness POPUP SHOP in L'ECHOPPE ですってよ。

どうも!僕です。
 
急遽、開催の決定がありましたため、ギリギリのご案内となりますが、、、
レショップ金子さんのブログにも詳しく書いてありましたが、、、笑
 
今、密かに注目を集めているシティウェアブランドis-ness(イズネス)の
ポップアップショップをL'ECHOPPE(レショップ)にて開催中!!
 
両者の思う楽しいこと、ぜひ、ご体験ください!
 

f:id:borshch:20171115171354j:plain

                                                                                         

今回の展示は、<is-ness>が突如発表したWEPG-8)ジャケット「G-8 WEP JACKET ()」を、『L'ECHOPPE』がまとめ買いしたことからスタートしました。
ストリートシーンでも愛されてきたこのミリタリージャケットを<is-ness>では、ビッグシルエットにリ・デザイン。

表地には撥水性、軽量性、防風性に優れたナイロンとコットンの混合生地を採用しています。
コーチジャケット感覚で着られるように、あえて中綿も外し、オールシーズン全天候対応型のシティウェアへと仕様変更されています。
※WEPジャケットとは、アメリカ海軍が1950年代から1970年代に兵士に支給していたブルゾンのことで、通称G8と呼ばれています。

また、イベント開催に合わせビッグサイズのスウェットシャツの製作を数量限定で<is-ness>に依頼。
デザイナー木下氏が『L'ECHOPPE』にストックしていたCAMBERの無地スウェットシャツをあえて裏返しにし、
US ARMYのトレーニングウェアをイメージした『L'ECHOPPE』ロゴを前面にラバープリントを施した一枚。
無地のスウェットとしても着用できますし、ビッグシルエットのWEPジャケットのインナーとしてもオススメです。

さらには、日本生産にこだわる墨田区のカットソー製作会社<久米繊維工業>の熟練の技術と、
is-nessの革新的なアイデアが融合したスウェットシャツも数量限定で販売します。


【期間】
2017
1120()まで


L’ECHOPPE

■住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-17-3

■電話 03-5413-4714
 
 
 

f:id:borshch:20171115171844j:plain

Photo Seishi Shirakawa
Styling&direction Akio Hasegawa
Grooming Kenichi Yaguchi
Edit Maiko Narikiyo
Model Hasse
 
 
 
ほな。

【ぼくモノコト手帖】14年目、PRの風林火山とは?

どうも!僕です。

 
ご無沙汰してます!
本日は、先日フイナムさまに取り上げていただいたアメリカで最も売れているステンレスボトル「ハイドロフラスク」をお題にPRの話。
マイボトルブームで、スポーツボトルを持ち歩く人が急増し、世界中で様々なボトルブランドが親しまれるなか、
「ハイドロフラスク」は、Hydration、Coffee、Beer、Food の 4 カテゴリー、豊富なサイズとカラーバリエーションで人気を博し、 
2011年には売上を1億円台まで拡大、驚くことに 2016 年には売上を100 億円にまで成長したのです。。。。
100億ってどんな感じなのか?調べることはないですが、、、
 

f:id:borshch:20170421121858j:plain

 
 
日本での取扱いにおきましては、ロンハーマンビームス、UR、ビーバーやアクタス、ロフト、蔦屋などセレクトショップ、百貨店。
さらにはエルブレス、ICI石井スポーツ、WILD-1などのスポーツ・ライフスタイルと全国へ幅広いリリースし、5月から新色も発売されます
 
こんなにエネルギッシュな海外ブランドをPRさせて頂くのは「DCshoes」以来かも。
そして、フリーPR14年目の秘めた力?底力を爆発させる、きっかけになった気がしてます!
 
 

f:id:borshch:20170421123926j:plain

f:id:borshch:20170421122017j:plain

 

f:id:borshch:20170421124013j:plain

 

 

 

PRの風林火山」が、今、初めて成りたとうとしてます。
 
風:風の如く、情報の拡散
林:重要関係者、媒体への共有と共感、まるで密林のように
火:初上陸・発売と同時に関係者のみならず全ての人々に拡散
山:ドッシリと構え、様々な依頼にしっかり対応
 
ブランディングはもちろん、マーケティングやセールスとPRの全ての歯車がしっかり噛み合った結果、
日本国内でも爆発的に売れだしているようです!
 
手前味噌ではありますが、ご掲載いただいた雑誌を手に取り、再実感と共に周りの関係者の方々に感謝です。
実際にボトルをご使用いただいたスタイリストさんや編集部など、目利きの方々がボトルの良さを実感し、そして味方になってくれたこと。
本当にブランド力に尽きますが、、、最近、日々感激しながら働いてます!笑
 

f:id:borshch:20170421123238j:plain

 
 
 
そして、ブランド力に頼りすぎないように気を引き締めて邁進します。
何より、この経験を日本のブランドにもしっかり活かして、オフィスボルシチを世界へ!
 
僕、やればできる子なんです。
 
インスタのボニルギャラリーもフォロー宜しくお願い致します!
 
 
ほな。